会社員だと自由に生きられないのか?

ノマド的生き方とか、縛られずに自由に生きるとか、耳触りもいいですし、そもそもが、じぶんにはできないと思う話だからこそ、憧れるひともいるのかもしれないですね。
自由に生きることの対比として、よくサラリーマンであるがゆえの不自由さが訴えられてます。
 
どこかに所属することが縛られると感じるのって、そもそも感覚が学生の延長のような気がしています。
会社って、仕事するところですよね?
仕事って、利益をうむことですよね?
 
だれかの役にたつことだったり、モノを作ったり売ったり。
 
サラリーマンとしてやっている仕事そのものは、人生を縛ってないと思うんです。
だから、縛っているのは、会社員という立場がいやだと感じている、じぶんの心なんじゃないかと。
 
それが、プロブロガーやアフィリエイターになることで、自由になると感じているのだったら、ちょっと違う気がします。
 
むしろ、利益が出せるようになるまでは、もっと時間的・経済的にきつくなってくるので、正直なところ、サラリーマンであるほうが、ラクな部分はありますよね。
 
自営業=自由
 
という発想で起業したり、サラリーマンを安易に辞めるようなことはしないほうがいいかな。
 
いまの会社で縛られて自由がないと感じるなら、仕事そのものにやりがいを見いだせているか考えてみると、ほんとにじぶんが縛られているのかどうかわかるかも。
 
成功者の言葉をうのみにするのも怖いですよね。
成功者は、成功者であるがゆえに、成功者の視点でしかものを語らないですから。
 
休みたいときに休めないとか?
休日出勤で呼ばれるとか?
毎日会社でがんばってたら社畜呼ばわりされるんですもんね。
 
ぶらぶら遊びたいだけなのか、もっとサラリーマン以外にやりたいことがあるのかどうかって、ちゃんと考えたいですよね。
 
本当の自由ってなんでしょうね。
 
わたしの夫は会社員ですが、会社員として一生懸命です。
時間や規則にそって毎日仕事をしに行っていますが

心までは縛られていません。

どんなに大変な仕事であっても、世の中のためになるものをつくって、まわりが喜ぶことして、そこに生きがいを感じてがんばってる(はず)。
そして、じぶんたちの生活が会社に支えられていることも自覚しています。
 
いま成功しているプロブロガーさんたちが自由に生きること、会社を辞めることを推奨するようなことを書くなら、もっともっと本質を書いてほしい。
 
ただ、「なにかに縛られてるって感じ方はよくないよ」っていうのはよくわかりますね。
そこから自由になるにはどうしたらいいのか?っていう見方ならすんなり受け入れられる。
 
縛られているっていう感じ方は、やっぱりじぶんが苦しいから感じることで。
 
そこから自由になりたいって、やっぱりひとは思うもんですし。
だけど、その自由になる方法だって、人それぞれですよね。
 
ただ単に、じぶんが執着している考え方を手放すだけで自由になるひとだっているし、会社を辞めることで得られるひともいるし。
住む場所から変えなきゃ自由になれないひとだっているかもしれない。
 
だけど、やっぱりどんなことをしても、どんな行動を起こしたとしても、じぶんが自由になりたいなら、じぶんを自由にしてあげなきゃいけないと思ってます。
 
〇〇して自由になろうって、おかしな話。
〇〇しなきゃ自由になれないなら、そもそもなにしたって自由にはなれないんじゃないの?と。
〇〇しなきゃっていうことに縛られてるんだから。
 
屁理屈でしょうかね(´・ω・`)
 
ほんとの自由っていうのは、じぶん自身のなかにあるんだよ。
 
・・・って、わたしは昔から思ってます。
 
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加