【WP】プラグインと固定ページで、カテゴリごとの興味を探る。

こんにちは~。
 
サイトを運営していると、どのカテゴリーに興味を持ってもらえてるのか気になることが多々あって。
自己満足にならないように、動向を調べようと思って、ちょっと工夫しました。
 
Count Per Dayというプラグインを使うと、WPの管理画面上でPVがひと目でわかるようになります。
アナリティクスほど正確な数字ではないかもですが、そこそこわかります。
 
で、固定ページでもそれを計測することができます。
なので、固定ページにカテゴリー一覧を作って、トップページに工夫をしたんですよ。
 
no15060401
 
5月頭にそういう作業をして、ページを作成しました。
で、このページのリンクを、動線として個別ページに設置しまして。
 
いまんところ、こういう数字になってます。
カテゴリ名は出せませんが、いちばん数字が多いのは、トップページです。
 
これがなんの役に立つかというと、上にも書いたけど、読者さんの知りたいことがどんなワードにあるのかってことですね。
カテゴリー名もしっかり明確なものをつけていれば、わかりやすくなりますね。
 
すんごいPVが低いページがありますよね(;´Д`)
でも、定期的にアフィリは発生してるページなんです。
 
ある案件のために書いたページなのですが、そういうページは、PVが低くても一定の割合で発生するんだなとわかりました。
 
逆に、トップページ以外でPVが多いページありますが、これはアフィリ案件がほとんどないので、PVだけ稼いでいる状態です。
でも、検索からの流入はこのページが多いんだろうと思います。
 
いろいろわかっておもしろいので、イチからサイト運営を考えてる方は、固定ページを利用したカテゴリー別記事一覧ページを作成するのもいいかも。
まあ、リンク貼るのは相当めんどくさいですが、たぶん、うまいことphpコードが書けたらいけるんじゃないかと。
 
あんまり詳しくないので、新記事アップしたら手作業でリンク貼ってますが・・・。
 
どうして個別ページにカテゴリページへのリンクを貼ったかというと。
 
最近、スマホでの閲覧が多いんですよね。
となると、記事をざざーっと読んで、次に何をするかって、サイドバーまで見てない気もするんです。
よっぽど興味があれば見ますが、そうじゃなければ記事を読んで終わりか、次の記事を探しますよね。
 
次の記事を探すのに、カテゴリー別のページがわかりづらかったら意味がなさそうですし、プルダウンってスマホで使いづらいんですよ。
なので、できるだけテキストリンクで、記事に近いところに置くようにしてみました。
それでも、スマホでみると遠いなぁと感じるので、もうちょっと近づけたいなぁ。
 
SNS拡散アイコンっているかなぁ?
あってもなくてもPVにあまり影響ないから、いらないかもしれないですね。
まぁ、じぶんが使うところじゃないんで、どこまで必要かどうかはちょっと判断不明。
 
とりあえず、もうちょっと工夫は必要ですが、読者さんが興味を持ったカテゴリーを知る方法の1つとして、やってることを紹介してみました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加