ブロガーとしてどう活動していきたいのか。ゴールはどこにあるのか。

こんにちは〜。
 
じぶんがブロガーとしてどう活動していきたいのかって、最近よく考えるようになりました。
ブロガーとして名前を売っていく(あえて売っていくという言い方してます)と、やっぱりそこには批判というものがついてまわるんですよね。
 
はっきりいって、ほとんどの批判やネガコメは、肥やしにもならないものばかりなんですが、たまに痛い指摘をくらうときもあって。
 
くらうっていうと変ですが、じぶんが気にしていることだから「くらう」と感じてしまうっていう、ね。
気にしてなければ、あ、そう?みたいな感じで受け止めることができるのですが、気にしてるところを指摘するとクリティカルヒットになるわけで。
 
でも、それって、じぶんが勝手に気にして、勝手に読者に気を使って、指摘されたときに勝手に傷ついてるだけなんですよね。
もちろん、指摘されたことはありがたいと感じることはありますし、学びになることもありますが。
 
勝手に気にして、勝手に傷ついて。
いいじゃん、もう、指摘されてもって開き直るのって大事かなって。
 
だって、じぶんのいまの最大の力以上のことって、結局いまはできないですもんね。
 
今日100出しきってれば、明日は99の力で100が出せるようになってるかもしれないですし。
じぶんは100%の力でやりきっているっていう自覚を持つことができれば、批判コメも何も怖くないし、いちいち傷つかなくていいんだろうなって思うんですよ。
 
・・・なんとかの心理学みたいな話になってきてますね(笑)
 
第一、顔も知らない・名前もわからん匿名のヤジをいちいち気にしてるほうが無駄って気もします。
 
ツバ吐きコメントのようなものって、それこそ、心屋さんのいうところの、どうしてもいっしょに「受け取らなきゃいけなくなるう⚪︎こ」ですよ。
ぱっと隠して、フタしとく。
で、たまにあけて、くっせーっていう(笑)
 
それでいっかー。
ほっとくかー。
 
・・・ほんとはこういうネガコメもらって批判されるような活動っていやだと思ってるんですけど、でも、きっとつらいのはいまだけで、慣れちゃえばなんてことないんだろうな。
 
というか、わたしはナニモノになりたいんだろうか。
できれば、好き勝手書いてお金稼いで、あとは家族でだらだら暮らして、子どもが学校いってる間は、ゲームばっかして暮らしたいんですよ。
 
というかするために、いま活動してるんだった。
ブログでの執筆活動は40歳くらいまで、と最近なんとなく決めています。
 
そっから先は、新しいステージにいってお金を稼ぎたい。
そして、老後に向けて、ゆっくりダウンシフトしていきたいんだなぁ。
 
早期リタイアや移住、あと旅行とかにはまったく興味ないんで、いまの健康を維持しながら、あれこれ大家さんとかスモールビジネスやって暮らしたいです。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加