ブログ飯とは、どこまでを「飯」だというのか。

こんにちは〜。
 
今日は順調でした。
記事3本書いて、これから1時間ほどライターのネタを考えようかな、と。
 
1本は安い単価なので、さくさく書きたい系。
もう1本はかなり高額!なので、じっくり書きたいですね。
 
最近、ライターの単価が一気にあがりました。
もう、ブロガーやめてライターで飯食ってけそうなくらい。
 
飯で思い出しましたが、ブログ飯。
あの染谷さんの本です。
 
中身、すっごくいいんですよね。
ブロガーとしては絶対に読んでおきたい本です。
 
でも、ブログ飯って、具体的にいくら稼げたらブログ飯なんだろうって、ふと。
 
フリーランスでブロガーやるなら、独身でも最低月20万円ないと飯にはならんですよね。
それくらいだと、貯金はまあ、無理だろうな、とか。
 
家族がいたら、月50〜70万くらい?は必要なのかな。
だって、ブロガーってそんなに経費としてあがらないから、結構持ってかれるじゃないですか。
 
夢のある職業かなあ?と考えると、やっぱり自営業は自営業なんですよね。
うん、自営業。
 
自営業、大変ですよね。
まぁ、店舗を経営するよりブロガーのほうが楽かもしれないですけども。
 
その流れで、ブロガーで稼いでいこう!ってなったとして。
 
月50万円稼げてます!
主婦ならブログ書いて稼ぎましょう!
日常のことを深く掘り下げて書けばいいんです!
 
みたいな流れって結構あるし、まぁ、当たればできるかなって思うし、実際にわたしも月20万円くらいはいけるようになったんで否定はしないですけど、適度な「煽り文句」入れて商材販売狙ってる人もいますよねぇ(笑)
 
だから、月何十万稼いでます!今月はいくら稼げました!って数字ばっかり強調して「ブログやりましょう!主婦も稼ぎましょう!」みたいなこと言って商材売ってるブロガーは、わたしは信用したくないと思ってます。
 
それよりも、ちゃんと顔出して講演会やオフ会とか開いたり、サロンやってる人のもとでブログ見てもらうのがいちばんいいかなと思います。
ある程度の責任というか、しっかりと指導はしてくれると思いますもん。
 
わたしは入ってないですけど、商材に3万円払うくらいなら、サロンに半年いたほうがいいなとは感じます。
 
でね、サロン運営したり、セミナーやったり、講演会までやる人って、結構な覚悟を持ってやってると思うんですよ。
サロン開いてブロガーを稼げるようになるまで養成するって、相当ですよね。
 
いやなんでこんなこと書いてるかって、以前、サイト運営はじめたばかりのころ、あったんですよ。
いろいろと。
 
「わたしのところからこの商材をかってくれた人は、トップリンク貼りますよ!」とか、「サイトへのアドバイスあげるので、ここから口座開設してください!」とか。
いまおもえば、ギリギリアウトでしょ!って思うんですけど、そういうことをやっていて。
 
わたしもよくわからないので、そういうのに申し込んでアドバイスもらったんですが、あの時はふむふむって感じで思ったんですけど、そのあといろいろ揉めたというか、めちゃくちゃ不愉快なこと言われたりもあったりで。
 
結局その人、フェードアウトしていきましたから。
 
そういうこともあるんで、どうせお金払うなら、ちゃんとオモテで活動しているブロガーさんのサロンに入ったほうがいいよっていうことが言いたかっただけです、はい。
 
それにしても、ブロガーの間で名刺交換(いわゆるブロガー名刺)はあたりまえで、ブログもメアドも携帯電話番号まで書いてあったりするんですが、アフィロックでのアフィリエイターさんってどんな交流をしていくのか、すごく興味があったりします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加