ブロガーなのかライターなのか、はたまたアフィリエイターなのかPart2

懲りずにずるずる考えています。
いやねぇ、たぶんこれじぶんの気持ち1つなんですけどね。
 
やっぱりわたしはブロガーなんですよ。
いろんなことを考えてやってること、取材したことなんかを、じぶんの名前で看板かけているブログに書きたいのですよ。
 
そういう想いが強い。
 
たとえばある記事ネタがあったとして、でもそれは寄稿先でもニーズのあるネタだとして。
 
ここで、じぶんのブログに書くか寄稿先に書くかって悩むのも、なんかヤなんですよね。
 
で、ライターとして活動していることにだんだん違和感を持ってきています。
 
ブロガーはやっぱりブロガー。
ブロガーとして寄稿できるところで仕事したい。
 
ライター的要素を求められる記事・・・というより、メディアに合わせてトーンマナーに注意しながら書く、ということがなんだかできません。
 
うん、できないんだ。
そういうことまで考えて記事を書くくらいなら、気楽に書ける自サイトでじぶんのブログの読者さんに向けて書きたい。
 
なんでまたこういうことをぐちぐち書いてるかって、あるメディアに1つ記事を寄稿したんですが、ダメだしというか、わたしが伝えたかったことが伝わらず、そこ突いてくる?ってことがあったんですよ。
 
ほんとちょっとそこ違う。
そこはあくまでも例えだから、っていう。
 
もちろん、わたしが伝えたかったことが編集部のひとにすら伝わらなかったことに関しては、もうまざまざとわたしの文章力のなさを痛感したんですが。
 
でも、編集部としてはこういう内容盛り込んでほしいから修正してくれない?って言われたときにね、思ったの。
 
内容変えてまで記事をいじくりたくないって。
 
だって、それくらい大幅に内容が変わることだったんですよ。
しかも、それやっちゃうとテーマ全然変わるがな・・・っていう。
 
だからその突っ込まれた例えは、他のもんに置き換えてもらってもいいし、その例えでわかりづらくしているなら、そこだけを変更すればいいんですよ。
 
いや、わらかんでもないよ。
ノウハウ記事ほしいと思う気持ち。
 
ノウハウ記事がほしいなら、もうそういう記事って飽和状態だから、わたしが書かなくてもいいよねって思う。
わたしが書かなくていい記事は、そういうのが得意な人にお願いすればいいんじゃないの?って思う。
 
ちゅうか、ライターって言ってたけど、どっちかっていうとコラムニスト的な感じです。
というかコラムだなぁ。
 
きっとね、はたから見たらプライドたけぇなぁとか言われそうな勢いでここに書いてますが・・・・
 
どうでしょうね、やっぱり運営者のポリシーとじぶんのポリシーが合わないなら、いっしょに仕事してても楽しくないですよね。
 
という結論を持ちました。
はい。
選択の時だったようです。
 
いやもうすっげぇわがままで、仕事あるだけマシじゃないか!ってじぶんでも思うんですけど。
 
どうするかなー。
いつ辞めるかなー。
なんか、フリーランスなのに辞めること考えてるじぶんが不思議だなー。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加